賃貸のベランダの物干し竿の高さの確認をしておかないと後で管理者関係とトラブルの可能性になるということ

一人暮らしにぴったりな賃貸の間取りとは?
一人暮らしにぴったりな賃貸の間取りとは?

賃貸のベランダの物干し竿の高さは?

賃貸に住むときにはいろんな数多くの確認をしなければなりませんが、それは室内だけでなく、室外つまりベランダの部分についても確認しておくことが大事になります。なぜならばそのベランダの部分では布団や洗った洗濯物などを干すための場所として重宝するからであります。そして具体的に確認しなければならないのは物干し竿の高さであります。これが物件ごとに異なっていて非常にややこしいので確認をしておかないと後でトラブルのもとになるかもしれないからです。

その賃貸住宅のベランダにある物干し竿の高さを詳細に確認しておかないと後でトラブルになりやすいのかというと、1つ目は単純に洗濯物が干しにくいということであります。というのは最近の物件の中には適度な高さではなくて、やたら低くてフェンスよりも下に隠れているようなのがあったりします。これは外から洗濯物が見えないようにするための景観配慮したためですが、逆に低すぎて洗濯ものによっては地面についてしまってまともに干せないで苦労を余儀なくされるかもしれません。逆に高さが高すぎる物件もあったりします。そうなると今度は腕を目いっぱい延ばしても届かないで干せなくてこれまたトラブルのもとになります。だから物干しの高さは非常に大事な項目の1つになるのであります。

おすすめ記事