意外と知られていない、賃貸の情報です。窓は南向きより東向きがいいです。ロフトは意外と使わないです。

一人暮らしにぴったりな賃貸の間取りとは?
一人暮らしにぴったりな賃貸の間取りとは?

意外と知らない賃貸の情報。

賃貸情報誌を見ると、窓が南向きであると書かれていることが多いです。窓が南向きだと、日差しがたっぷり降り注ぐから、良いと言われています。そのため、南向きの部屋は、他の部屋に比べて、若干家賃が高くなっていることがあります。意外と、知られていないことですが、東向きの窓も日差しがたっぷり降り注ぎます。東向きの窓の場合、朝日が降り注ぎます。そして、お昼くらいまで、日差しがあります。朝日を浴びて爽やかに目覚めることが出来るのです。しかも、南向きは人気が高いのに比べ、東向きはそれほど人気がありません。お値打ちに借りることあ出来るかも知れません。

賃貸物件の条件に、ロフトを入れている人が多いです。特に若い世代は、ロフトがあれば後は何でもいいと思っている人もいるくらいです。確かに、おしゃれで、欧米的な雰囲気がありますが、実は意外と使わないのです。引っ越したばかりのころは、ロフトで寝たり、友人を呼んだりと大はしゃぎですが、しばらくすると、使わなくなることが多いそうです。ロフトで寝ると、トイレに幾度ロフトを降りなければいけません。友人を呼ぶ場合も同じで、わざわざロフトに上がるのが億劫になります。結局、使わなくなることが多いので、ロフトなしの物件のほうがいいと思います。