賃貸物件探しで重要なことは、デザインより実用性です。おしゃれな物件より、便利な物件を探しましょう。

一人暮らしにぴったりな賃貸の間取りとは?
一人暮らしにぴったりな賃貸の間取りとは?

賃貸でお部屋探し。実用重視が懸命。

お部屋探しで大切なことはたくさんありますが、強いて一番をあげるなら、私は、実用性だと思います。長くその部屋で暮らすので、便利なことが一番です。賃貸情報誌を見ると、「デザイナーズマンション」という言葉を見ることがあります。一言で言えばおしゃれなマンションです。しかも、同じ地区の同じくらいの間取りのマンションより、ほんの少し家賃が高いくらいです。「おしゃれ」とか「デザイナー」という単語が好きな人は、ついつい飛びついてしまいます。

このデザイナーズマンションを借りてしまうのは、たいてい、人生経験の浅い若い人です。若い人は、ものの善し悪しを理解していないことが多いため、このような賃貸物件を借りてしまうのです。外貨や内装は、型破りで興味深いものですが、長く生活するには不便なことが多いようです。例えば、内装がコンクリートの打ちっぱなしになっている物件があります。一見、奇抜で、映画やドラマのセットのように見えますが、これでは、断熱も、防音も期待できません。冬は寒くて、夏は暑い、その上、エアコンは効きにくいという有様です。これでは、長く暮らせませんし、体調を崩してしまう恐れがあります。賃貸にはいろいろな物件がありますが、実用性の高い物件を選ぶのが懸命です。