賃貸マンションの管理責任は不動産会社にあります。入居中に水道が出なくなったら担当者に電話しましょう。

一人暮らしにぴったりな賃貸の間取りとは?
一人暮らしにぴったりな賃貸の間取りとは?

賃貸マンションに入居中に水道が出なくなってしまったら

賃貸マンションに入居しているときは、不動産の管理責任が誰にあるのかを、正確に把握しておきましょう。基本的には、賃貸借契約を締結した際の、仲介先である不動産会社が管理責任を負っています。賃貸借契約に基づいて入居しているときは、住まいのトラブルが発生した場合には、すみやかに不動産会社に連絡をしましょう。水道が出なくなってしまったときも同様です。水道に関するトラブルは、決して少なくありません。例えば、朝起きて水道の蛇口をひねったところ、一滴も水が出てこなかったという場合には、早く水を使用したいあまりに、水のトラブル解決業者に連絡してしまいがちです。しかし、まずは不動産会社に電話をするのが良いでしょう。費用が発生してしまう場合に、不動産会社に連絡しておいたほうが有利な場合が多いからです。

賃貸マンションに入居中に、水道が出なくなってしまったら、まずは管理責任者に電話をします。仲介している不動産会社の担当者に電話するわけです。不動産会社の営業時間内でない場合には、留守番電話サービスになっていることも多いですが、同時に緊急連絡先をメッセージで知ることも可能です。緊急連絡先に、ひとこと伝えておくことで、水道が出なくなってしまったトラブルを一人で背負い込まなくて済みますから、精神的にも落ち着けます。その後で、水道局へ電話をします。水道局は修理はしてくれませんが、トラブルの原因を無料で診断して分析してくれます。トラブル原因が判明してから、水のトラブル解決業者らに連絡をするというのが手順です。少々、手間は掛かりますが、入居者が自己負担せずに済む確立が高くなります。

おすすめ記事