日本の景気の現状から見た、不動産物件の投資や賃貸経営のイメージを、いくつかの情報から書いてみました。

一人暮らしにぴったりな賃貸の間取りとは?
一人暮らしにぴったりな賃貸の間取りとは?

賃貸物件と日本の景気

最近の日本の経済的な情勢では、景気が回復傾向にあることが、アンケート等で結果として現れていたり、消費税の増税前の駆け込み需要で、9兆円以上という試算もでていたりします。そのうちに不動産関係は2兆円だそうで20%も駆け込みで使われたということになります。13年の8月までの契約で5%が適用されるからですが、その反動も心配だということになります。またそれよりも15年の4月の10%に消費税がなるほうが心理的に抵抗があるようで、その前にも、もう一度駆け込み需要が出てくる可能性もあるようです。そうなると賃貸経営の場合に不動産投資でも今は消費税が5%ですが10%になると倍になります。

その場合には、5%はもう無理なので、8%の段階で物件を購入しておくという方法もあります。5%で購入した人と10%で購入した人の差は5%もありますので、この差は長期投資の賃貸経営ではとても大きくなります。その差を縮めるだけでも、今まで以上の努力が必要になります。自分の資金を増やすとか、経費を削減するとかですが、今まで以上自分で管理しながら、節税対策もしていくということになりますが、それらの知恵は更に賃貸経営の役に立ちます。

おすすめ記事