賃貸で2階以上でペットを飼おうとするのであれば、音の対策をしておきます。床材などを変えると良いです。

一人暮らしにぴったりな賃貸の間取りとは?
一人暮らしにぴったりな賃貸の間取りとは?

賃貸で2階以上でペットを飼うときの床対策

小さい子供が生まれたとき、集合住宅に住んでいる人は1階に引っ越そうと考えることがあるそうです。生まれてそうそうはそれほど動き回りませんが、しばらくすると歩けるようになります。歩けるようになると今度は走り回るようになります。1階であれば、走り回っても下に住んでいる人はいません。横に伝わることも少ないでしょう。2階以上になると、常に下に住んでいる人がいることになります。多少気を遣わないといけなくなるのです。

賃貸物件においてペットを飼う場合も2階以上の時は気になることがあります。自宅内で飼うのですから、それほど大きいものではありません。しかし、結構音がするものです。自分のかわいいペットが少々音をたてても本人たちは気ならないのですが、階下の人にとっては小さい音が気になることがあります。昼間はいいとしても、夜中にそういったことがあるとかなり響くこともあるので、飼い主としては対策をするようにしておきたいでしょう。

方法としては、床材の工夫があります。コルク床などを利用することがあります。フローリングの床などの場合は、直接床の上を歩かないようにしておきます。ペットが移動する部分だけにそういったシートを貼っておくのも有効です。