賃貸でペットを飼うときに、柱が傷つくことがあります。保護シートを貼ったり、板などで保護します。

一人暮らしにぴったりな賃貸の間取りとは?
一人暮らしにぴったりな賃貸の間取りとは?

賃貸でペットを飼うときに柱などに保護シート

子供がいるとき、目を離したすきに大きな泣き声が聞こえてくることがあります。何があったのかと思ったら、引き出しの角にぶつけたようです。大人でも泣きたくなるぐらい痛いのですから、子供なら大声で泣くでしょう。このとき、ぶつけても痛くないようにクッション素材のもので保護しておくことがあります。そうすることで痛みもありませんし、怪我も防止できることがあります。ぶつけやすいところがありますから、前もってそちらに設置しておきます。

賃貸物件でペットを飼うとき、犬であれば柱に噛み付いたりします。猫なら爪とぎがあります。しつけによって防ぐこともできますが、動物の習性なので完全になくすことはできないでしょう。一応ペット可能になっているので対処されている物件もありますが、その都度原状回復をしているところもあります。もしそれらの傷がなければ原状回復のときの負担を抑えることができます。どのようにすれば柱に傷を付けないようにすることができるかです。

噛み付いたり爪とぎをしそうな柱があれば、そこに予め保護シートを貼っておきます。また、薄い板などを貼っておいてもよいでしょう。柱に直接させるのではなく、シートや板にさせるのです。傷みも少なくなります。

おすすめ記事