消費税の増税での不動産投資での賃貸経営でに工夫や考え方や努力などを幾つか簡単に書いてみました。

一人暮らしにぴったりな賃貸の間取りとは?
一人暮らしにぴったりな賃貸の間取りとは?

これからの賃貸経営のいろいろな工夫

消費税が10%になった時から不動産投資を始めた人と、今までの5%消費税の時に賃貸経営を始めた人では、もうその時点で消費税5%ぶんのハンデがあり、今までの投資をしている賃貸経営のオーナーは、それだけ有利に不動産投資を進められます。消費税を10%で賃貸物件を購入した人と同じ管理をして経費を使っても、つねにその5%ぶんが収益が多く入ることになります。まして今までスリム化をしてこなかった賃貸経営者の場合には、とても大きな可能性があるということが言えます。新しい物件では収益も10%の消費税で厳しくなりますから、家賃を下げるとかリフォームとかでも余裕が少なくなりますが、5%の消費税の時に賃貸経営を始めた人の場合には、余裕が持てます。

そのように考えてみると、今まで賃貸経営をしてきた人たちの立場は、だいぶ有利になるということになります。これから10%になるまでの期間を有利な状況で物件を購入できれば、経過途中の3%の差もハンデにならないかもしれません。投資物件の購入を消費税の増税分安く購入できれば、それだけでも収益化の可能性は大きくなるのではないかと思います。考え方は色々ありますので、ネガティブなものよりポジティブな考え方で対応していくのが消費税でも大切ではないかと思います。

おすすめ記事