賃貸で1月から3月に引越しをしなければならない場合、日割り計算の事も考えて、総合的に判断をしましょう。

一人暮らしにぴったりな賃貸の間取りとは?
一人暮らしにぴったりな賃貸の間取りとは?

賃貸契約と同時に家賃の支払い義務が生まれます

賃貸では1月から3月にかけて、非常に契約が多くなると思います。大体、物件を見つけて、契約になるまで、大体1週間ぐらいでしょう。そして、契約をすれば、同時に、家賃が発生すると思います。3月に新生活を始めたいと思った場合ですと、前月の2月には決定しなければならないでしょう。ただ、気を付けなければならないのは、早くに部屋を決定したとしても、契約と同時に家賃を払わなければならないのです。つまり、住んでいない期間も家賃を払わなければならないという事が発生してしまうかもしれません。月の半ばに契約をした場合ですと、残った日数分の家賃は、日割りとなります。それによって請求をされる事になるのです。契約時にまた別の賃貸を借りている場合ですと、何と二重に家賃を支払わなければならなくなるのです。こういった事もきちんと計算をしておかなければならないでしょう。やはり、損はしたくないのではないでしょうか。これはとても考えておかなければなりません。

皆さんも、賃貸の契約をする時にはとにかく、タイミングが重要なのです。ただ、あえて時期を外して契約をするという方法もあるので、色々な事を考えて、総合的に判断していく事が大切に成るのではないかと思います。