賃貸アパートを契約する際に必要な費用を単純に目安計算します。削れるところ削れないところも考えました。

一人暮らしにぴったりな賃貸の間取りとは?
一人暮らしにぴったりな賃貸の間取りとは?

賃貸アパート契約時の初期費用

一人暮らしを始める際、契約時にまとまったお金が必要になります。家具家電、その他今後のことを考えるとなるべく初期費用は抑えたいものですよね。賃貸のアパートを借りる場合、物件探しから始まります。住む場所、間取りによって家賃が決まります。家賃が安いところでも、初期費用に限っては敷金礼金ご何ヵ月分取られるかで大きく変わってきます。敷金礼金はどちらも平均1〜2ヶ月分取られるところが多いです。ちなみに、敷金は退去後に帰ってくる可能性もあります。退去時の修繕や清掃で使われるので、どちらかというとここはケチらなくてもいいと思います。実際私は敷礼2:1のところを2:0にしてもらえました。(不動産屋さんが父の知り合いだったのもあるかもですが)契約の段階で、敷礼に関しては『値切る』価値はあるかもしれません。其田必要なお金は、最初の家賃、仲介手数料、火災保険等、鍵交換など。探せば仲介手数料はなし、または家賃の半額といったところもあります。

こうして考えると単純な計算方法は『家賃×5』が目安になると思われます。予め余裕を持って用意できる人、急な引っ越し等、けして小さな出費ではないですよね。その他にも家具家電の買い物もありますし。できれば余裕を持った準備が必要だと思います。