一人暮らしにはワンルーム〜2DKあたりの広さの間取りが適しています。実際に下見をして賃貸物件を決めます。

一人暮らしにぴったりな賃貸の間取りとは?
一人暮らしにぴったりな賃貸の間取りとは?

一人暮らしにぴったりな賃貸の間取りとは?

一人暮らしの賃貸にはどのような間取りが良いのか考えてみたいと思います。入居者が一人だけなのであまり部屋数が多く広すぎる部屋、というのは掃除やメンテナンスが大変ですしその分家賃も高くなってしまいますから、広い部屋をどうしても希望したいという場合以外では、もったいない感じがあります。

一人暮らしの間取りとなると、一番小規模な間取りでワンルームがあります。ワンルームは部屋が一つとキッチン、バス、トイレだけのシンプルな間取りになります。バストトイレは別々が人気ですが、ワンルームの場合には一緒になったユニットバスも多いです。家賃が安いので予算を節約したい人にはおすすめです。一人暮らしの賃貸では1K、1DKも人気です。料理を良くする人はキッチンが別になっており部屋ににおいがつきにくいのでおすすめです。

2DKは部屋が2つあるので広さに余裕ができ、ゆったりと生活を楽しみたい人におすすめです。部屋が広くなった分、家具やインテリアを多く置けるようになるので持ち物が多い人や家で趣味などの時間を多く持ちたい人に適しています。またお客さんが来ても狭くないので便利です。部屋が広くなった分は家賃も高くなります。賃貸を選ぶ際には実際に下見をして自分のライフスタイルに合っているかどうかをチェックして決めるようにします。

おすすめ記事